about

沖縄県より珈琲生産農家として、平成20年「農業生産法人」の認可を戴きました。

社名の『名護珈琲』は名護市の山中に5000坪の珈琲農園を営農しており、その地名より命名いたしました。

栽培する珈琲の品種はアラビカ種『ニューワールド』で、赤い実を1号、黄色い実を2号と呼びます。40年前にブラジルから旧具志川市の和宇慶朝伝先生が導入なさった高級品種です。

沖縄県はコーヒーベルトの北限であり、また害虫が存在しない為消毒作業を行いません。
そしてこの地域は弱酸性の土壌で昼夜寒暖の差が大きく良質の珈琲豆が採れます。